STAP小保方「STAP細胞を作った私に対して嫉妬した男からの攻撃はものすごく暴力的で本当に殺されるかと思った」→本当に死んだ笹井芳樹「・・・」

STAP小保方「STAP細胞を作った私に対して嫉妬した男からの攻撃はものすごく暴力的で本当に殺されるかと思った」→本当に死んだ笹井芳樹「・・・」

o0800060013654236151

0 :ハムスター速報 2016年5月25日 09:43 ID:hamusoku
小保方氏「本当に殺されると思った」

 STAP騒動をめぐる騒動で理化学研究所を退職した小保方晴子氏(32)が24日発売の「婦人公論」(6月14日号)で2年間の沈黙を破り、騒動後、初の正式インタビューに応じた。瀬戸内寂聴氏との対談形式で、「男性からの攻撃はものすごく暴力的で、本当に殺されると思いました」などと心境を吐露した。

騒動の4カ月後の14年8月に自殺したSTAP細胞論文の共同執筆者だった笹井芳樹氏(理研CDB副センター長)について、今年1月発売の手記「あの日」でほとんど触れていないが、「書けなかったですね」と一言。

http://www.daily.co.jp/gossip/2016/05/24/0009114305.shtml

ちなみに最近、STAP現象の確認成功とされるニュースが見られますが、小保方の方法とは違う物なので小保方のSTAP細胞再現実験とは関係ありません。

最近では、独ハイデルベルク大学の研究グループがSTAP関連の論文を発表したとしてネット上で注目を集めている。

すでに複数のメディアがこれを紹介しており、「週刊現代」最新号(6月4日号)は「小保方さんたちが行った実験とは異なる方法ではあるが、免疫細胞の一種に刺激を与えるとSTAP現象が確認されたと発表した」と報道。「STAP現象の確認に成功」と伝えているネット媒体もある。

しかし、これを「STAP現象が再現された」とするのは早合点のようだ。科学ジャーナリストの寺門和夫氏は5月24日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)の中で

「実験の手法や使っている細胞が違うので、いわゆる小保方さんの言っているSTAP細胞の再現が成功したという意味ではない」
と指摘した。

京都大学の中辻憲夫教授(幹細胞生物学)も5月15日、自身のツイッターで同論文について触れる中で「多能性幹細胞への変化や存在証拠は皆無」と指摘している。STAP再現による「復活」の道は未だ見えていないようだ。

http://www.j-cast.com/2016/05/24267688.html?p=2

1 :ハムスター名無し2016年05月25日 09:46 ID:Vzx5rheZ0
魔性の女(笑)

2 :ハムスター名無し2016年05月25日 09:46 ID:.GCtCv.N0
書けなかったですね(忘れました)

3 :ハムスター名無し2016年05月25日 09:47 ID:mvARvZrh0
こんな脳なしが女というだけでリケジョの星とかって持ち上げられてチヤホヤされたんだから嫉妬もクソもねーだろ

続きを読む

-Uncategorized

×