【韓国起源説】たくあんは高麗の僧侶「テクアム」が日本に伝え感謝されているウリナラファンタジーを韓国メディアが報道www

【韓国起源説】たくあんは高麗の僧侶「テクアム」が日本に伝え感謝されているウリナラファンタジーを韓国メディアが報道www

1:2016/06/08(水) 23:21:18.11 ID:
沢庵は韓国由来?

日本で親しまれている漬け物の内の1つにたくあんがある。このたくあんが今韓国メディアで取り上げられている。しかし「たくあんが美味しい」「日本のたくあん文化」という取り上げ方ではなく、たくあんは韓国が作ったという主張する報道なのだ。
その内容は「たくあんは日本人のために考案された物」とされており、たくあん(沢庵)の元の名前は高句麗時代にいた、僧侶の名前だという。その名前は「テクアム(テガム)」でそこから付けられたという。このことを知って居る人は少なく、テクアム僧侶は日本に渡って日本中を渡り歩き当時の日本人に韓国の文化を伝えたとしている。

彼が九州に渡ったときに、大根をそのまま食べており保存方法を知らなかった。彼は自身が開発したこのたくあんを作る方法を日本全国を回って伝えた。このため、彼らは感謝の気持ちをこめて、その僧侶の法号であるテクアム(沢庵)を食べ物の名前に使った。そのテクアムの漢字、沢庵を日本式に発音したものがすなわち「タクアン」。

ソース:http://joongdo.co.kr/jsp/article/article_view.jsp?pq=201605280001

887:2016/06/09(木) 00:57:17.67 ID:

>>1
ほーん、で?
 

続きを読む

-Uncategorized

×